2019年6月13日に、静岡県静岡市 水見色小学校(全校9名)の学校で、
名古屋本社のブラザー工業株式会社と「ものづくりを支える整理・整頓」プログラムを遠隔授業で行いました。

当日までに、先生による授業と子ども達でアイデアを考えてブラザー工業の担当者に発表しました。

テレビ電話でブラザー担当者に自分たちのアイディアを発表しました。
名古屋の堀田にあるブラザー本社とテレビ電話でつなぎ、子どもたちの発表に対するフィードバックをしてもらいました。
子ども達の感想
小学6年生
・普段話せない人にアドバイスをもらえるのは貴重
小学6年生
・水見色はお年寄りが多い。高齢者との交流活動をしている人に,機器を使って話を聞いてみたい


このような子ども達の楽しそうな声もいただき都心の企業と学校をつなぐ
課題発見型の授業教材の開発を進めます。

p.s.今回は時間があったので、名古屋の堀田にあるブラザーミュージアムのプチ見学も、テレビ通話機能を使って行いました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事